事業内容

(就労移行支援事業)

アステップ道では、障害者の皆さんの就労を支援しています

「働きたいけど自信がない・・・・」 
一般企業への就職を目指す障害のある方に、我々は信念をもって問題解決に向き合い、得意なこと苦手なことを理解しながら、本人にマッチした職場を一緒に探していきます。
また、就職に必要なスキルや知識の向上だけでなく、生活面の困りごとへの相談にも答えます。

就職後のアフターフォロー

「就職できた」が目標達成でははなく、「働き続ける」ことを目的とした定着支援をおこないます。お手盛りの対応はいたしません。あくまで本人が自己解決(自立)できるようサポートをおこないます。定期的な面談や生活面のアドバイスをおこなうことで、職場の同僚との人間関係を形成していきます。

カリキュラムについて

アステップ道では、あなたと支援員が一緒になって一般就労を目指していきます。
 具体的には、 パソコンのトレーニング、自己分析、ビジネスマナー等のトレーニングを基に、本人にあった支援プランを作成していきます。そのプランに基づき、就職相談、企業実習等の実践的トレーニングを通して、将来の目標を定め、一般就労に必要な力を身に付けていく支援をします。

 

■基礎訓練 

PC基礎 

PCの基礎を学びます。PCの立ち上げから文字の打ち方、マウスの操作方法などまったくPCに触れたことのない方でも安心して学べます。 

 

ビジネスマナー 

職場でのマナーを基礎から学びます。身だしなみ、表情・挨拶・お辞儀、ビジネス会話、職場での報告・連絡・相談、メールの書き方、企業訪問・来客対応、電話応対などの幅広い実践を通して学びます。 

 

自己分析 

診断ツール「MSFAS(Makuhari Stress Fatigue Assessment Sheet)」を活用し、障害状況に応じたセルフマネージメントスキル(障害の補完手段、補完行動等)の獲得と、作業遂行能力を高めていけるよう支援します。また、「GATB(General Aptitude Test Battery)」により、一人ひとり異なる能力と職業との適合性(マッチング)を客観的に測定し、どういった職業に適正があるかを能力として測り、ミスマッチのない就労支援を進めます。 

 

PCオフィス基礎(Word,Excel,PowerPoint) 

基本機能の理解や基礎的な操作を習得します。サンプル文章の作成や表・グラフの作成など行います。操作に慣れることを目的としたプログラムになります。 

 

コミュニケーショントレーニング 

毎回異なるテーマを基に、話題作り、発言力、質問力の向上を目的とします。時事ネタ、趣味など様々なテーマで行います。また、アンガマネージメントトレーニングにより、怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングを行います。 

 

 

職場見学 

実際に障害者雇用を実施している企業を見学し、障害者が活き活きと働いている姿を見ることにより、利用者の一般就労する意欲を高めます。また、職場の実際の声を担当者から聞き取ることにより、就職した場合の課題等に対し事前準備行います。 

 

■応用訓練 

グループワーク 

他の利用者と協力し、目標達成に向けて様々なワークを行います。実際の仕事でも必要なチームワークやコミュニケーションについても学ぶことができます。 

座学
毎回違うテーマで座学を行います。就職するための知識だけではなく、日常生活の中で必要な知識、雑学を30分から1時間程度行います。

 

応募書類対策 

企業が「会ってみたい・採用したい」と思える応募書類の作成方法を学びます。企業の採用担当者による、書き方の基本や、間違えやすいポイントなどを知ることができます。 

 

模擬面接 

企業の採用担当者による実際の面接を想定した、入退室のマナー、表情や返答をチェックしながら繰り返し練習し、自身の良さをアピールできるような表現力を鍛えます。 

 

企業実習(インターンシップ) 

企業で実際の業務に従事します。これまで培ったスキルを発揮することのできる機会です。(実習ですので、賃金は発生しません)